FC2ブログ

NobHill改めTokyoから、こににちは♪

スポンサーサイト 

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第一関門:部屋探し -その4 いよいよ契約- 

2006.09.28

部屋探しで一番、役に立ったのがCraigs List*というサイト。

※Craigs Listは部屋探しに限らず、モノの売り買いや職探し、
人探しなどなど、とにかくいろんなジャンルの情報が
毎日たくさんアップされている。これは使える!!!!


毎日、カフェへ通ってはCraigsListでリサーチ。
値段、場所、広さと自分の希望を入れてチェックするんだけど
とにかく部屋はたくさんあるのに自分にぴったりのところって
なかなか見つからないもので…。

そんな中で、出窓のある素敵なお部屋に出会いました。
場所も広さも家賃も私にぴったり。
運良く大家さんも日本人。
「これは運命!?」
なんてかなり浮き足立って内覧に出掛けてみた。

申し込みの手順や必要な書類、無職である私が部屋を借りるには…
などなど、初歩的な質問も思い切ってたくさんぶつけてみることに。
(ちょっと可哀想な人ぶって…)

でもその大家さん、最後に一言。

「今までそう言う人に部屋を貸したことがないので何とも言えませんね。
要はこちらとしては、あなたが信頼できる人なのかが分からなければ
貸せませんよね。言っている意味は分かります?
いろいろとお調べになった方がいいんじゃないかしら。
頑張ってくださいね」

「………あ、ありがとうございました。とりあえず
アプリケーションシートはもらって行きます。。。」
本当にがっくりした。
実際、「この人冷たい!」とまで思ってしまった。

落ち着いて考えてみたら、その人の話していたことはごもっともで
日本で部屋を借りるにも勤務先や保証人とか色々書くんだ…と。
「なるほどね~。まずは信用問題ね!」
とここでひとつお勉強ができたわけで。

それからも毎日Craigs Listとにらめっこ。
思い切って家賃もあげてみることに。

ふと
「会話が出来ないんだったら書面にして提出する方がいいんじゃない!?」
と思いつき、
自分がどんな人間かということを書いたResumeを作成してみた。
1)どんなスタンスでサンフランシスコにいるのか、
2)銀行にはこんだけお金が入ってるから家賃は遅れませんとか
3)日本の家族の連絡先
などなど。。。
ちなみに2)については日本にいる両親に頼みこんで銀行の残高証明も発行してもらった。
これも、フツー海外に出る前に作っておくのが当たり前だそう。。。

そしてあまり快適とは言えないレジデンスでの生活が
10日ほど経過したころ、CraigsListで憧れのNob Hill、Studio、静か、スーパー至近、家賃はちょい高…のApartmentを発見。

この頃にはもう「当たって砕けろ!」とか「数打ちゃ当たる!」とか「成せば成る!」とか、
知ってる前向きな日本語をいっぱい並べて、とりあえずApplyしてみた。

直接、大家だか不動産屋だか立場がわからない人にResumeを渡し
こちらはすぐにでも引っ越せることをアピールしたものの、
何せ英会話がままならないので、相手の反応がイマイチ読めない…。
とりあえず「明日には返事をします」(早っ!)ということで
ドキドキしながら一日を過ごすことに。

明日=金曜日
なかなか返事が来ない。
6:00=ビジネスアワーの終了
返事ナシ。
電話をかける。
「明日返事をする」と再び。
明日=土曜日=休日
電話びくともせず。。。
再び電話をかける。
「月曜日に返事をする」(最初からそう言ってくれ!)
毎日、一喜一憂しつつ
ストーカー級に電話をかけまくる。
(焦りからか疲れからか笑顔が減ってきた私に、
「ここではこれくらいのタイムラグを当たり前だよ!」と
サンフラン生活1年の親友が教えてくれました)

もう諦めかけた火曜日の電話。
「じゃ、木曜日に契約書にサインしてね」

何だかすっごく軽いノリにかなり拍子抜けしつつ、
肩に乗ってた重~い荷物をとりあえずおろせたことを実感して
思わず涙が出てきそうになる。

それからお世話になったレジデンスへの挨拶&掃除
IKEAへ家具や布団、日用品の買い出しなどなどをこなし…

     渡米からちょうど1ヶ月の7月16日

長い長い道のりを経て(日記も思いの外、長くなってしまいましたが)
ここNob Hillへ到着しました。



スポンサーサイト

第一関門:部屋探し -その3 レジデンス編- 

2006.09.28

3日後にはモーテル出なきゃならない!
こりゃいよいよヤバいぞ!!!

ということで、
最後の手段、友人に聞いたレジデンスに一時滞在することになった。

*レジデンスとは長期滞在用のホテルとアパートの間みたいな施設。
ホテルみたいにフロントがあってそれぞれの部屋はアパートみたい。
特に利用する人は留学生。場所によってや共同キッチンが付いていたりして
それなりに海外で暮らしている感じは味わえる。
中には1年や2年も住んでいる人がいたりして、人間模様もそれなりに面白い。


サンフランシスコ内にあるレジデンスをリストアップし
片っ端から電話をしてみるが、なんとどこもいっぱい!!!

留学生はフツー来る前に予約してくるそうで…
あ~つくづく準備不足。。。。
(毎日毎日、本当に自分のふがいなさを実感している)

本当に本当の最後の一件でやっとやっと空室を発見し
滑り込みでとりあえずの住所をもらうことになった。
場所はSutter Street。
ダウンタウンにも歩いて行けるし立地は◎。
ただし繁華街に位置するので夜はウルサい。
2階で通りに面しているため、
毎晩、隣のバーにいる酔っぱらいの大声に悩まされる。
しかも、キッチンはナシ。
食事は3食備え付けのレストラン。
これじゃ思い描いていた一人暮らしではないよ…トホホ。

準備不足は私の落ち度。自分でどうにかしなくっちゃ!
とういことで、簡単な引っ越し(モーテル→レジデンス)を済ませ
アパート探しを再開することに。

<部屋探し ついに契約!へ続く>

第一関門:部屋探し -その2 内覧- 

2006.09.17

部屋探しを始めて1週間。

ある日「値段も場所もいいんじゃない!?」
なんてところに意気揚々と手ぶらで出掛けてみた。

場所はMarinaエリア。
(サンフランシスコベイを望め素敵なお家が立ち並ぶ高級住宅街!)
丸い小さな窓にサンフランらしい出窓。
玄関先には色とりどりの花が植えられ家主さんの
素敵なセンスもうかがえる。

『Hi! Can I see your room?』
『Sure! Please come in!』

ところが、何故か通されたのはガレージ。

ん?

こちらですとガレージを奥へ奥へと進んで行く。

ん??

裏庭につづくドアの手前に玄関らしきもの発見。

ん???

確かに大きさはSTUDIO。
でもどう考えてもここはガレージ。
家主さんがガレージの余ったスペースに、
一人暮らし用の部屋作ってみました!みたいな。。。。
半分庭に埋まっているような…もちろん出窓もなし…
花のアーチが素敵な玄関から入る訳でもなし…がっくり。

その後、同じように内覧に行ってみた部屋は
ペットショップの真上の部屋だったり
In-Lowというほぼ地下の部屋などなど。

サンフランシスコの建物は木造でしかも古いものが多く
見方によっては可愛いけれど、
場合によっては傾いてるみたいな…。

日本では想像できないような可愛い部屋
そして不思議な部屋がいっぱいありました。

<部屋探し レジデンス編へ続く>

第一関門:部屋探し ―その1 モーテル暮らし― 

2006.09.16

まずは始めての海外生活&一人暮らしなのでNob Hillにたどり着くまでの長~い道のりについて。

こちらへ来ての最初の大仕事、そして最初のヘコミ要因にもなった部屋探し。

何にまずヘコんだかって、
始めて海外生活をするというのにも関わらず、
何の準備もしてこなかった自分に…。

荷造りに関しては、
「このジーズンにこのジャケットでしょ、靴はこれとこれで~」
なんて張り切っていたのに、肝心の情報集めに関しては後回し。

そして、小心なわりに「まっどうにかなるでしょ」と
ある意味おめでたく、ある意味やっかいな性格で…。

アパート探しは(始めてなのに)2週間くらいでどうにかなるさと思っていた。
アメリカ生活最初の滞在先「モーテル」にいる2週間で。。。

*ちなみにモーテルはUnion Street沿いにあるPacific Heights Inn。
二十歳で始めての海外旅行で訪れたときに滞在した想い出のホテル。
モーテルと言っても特別安い訳ではないがキッチンもついているし
場所も静かだし長期滞在にはおすすめです!


その二週間の間、レンタカーを借りてシティ内を軽く散策し(買い物し)、
どんなエリアがあって昼と夜はどんな顔を持つのか、そして
1) 安全か 2)便利か 3)静かか
用意した必要最低限の条件をチェック。

気に入ったエリアに張り出されたRENTの看板を端から控え
夜はインターネットで値段などをチェック。
OPEN HOUSE(内覧)しているところがあれば脚を運んでみて。。。

そんな感じで部屋って見つかるんだと思ってた。けど…

<部屋探し 内覧編へ続く>

タグ : 第一関門:部屋探し ―Nob Hillまでの長~い道のり モーテル暮らし―

 | HOME | 

プロフィール

たむらみき

Author:たむらみき
ファッション雑誌をメインにライターを約9年。その後、サンフランシスコへ留学する。帰国後は、2つのインテリア雑誌の編集を経験し、現在は夫婦でインテリアショップをきりもり。

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。